読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りあさんの世界

好奇心に任せて あれこれ行動中

「何か感じませんか?」

(=_=)「What are you talking about?」

 

先日 駅近くの駐輪場に バイクを停めて

ヘルメットを取ったと同時に

背後から「すみません」と 若い青年に声をかけられた。

黒いバッグ、真面目で純粋そうな目は

私の目の中を真っ直ぐ見ながら無表情で近づいて来る。

 

ビルの隙間の駐輪場、誰もいない。

 

殺気と異世界を感じたと同時に

ぶっきらぼうな女性を演じようと直感で決めた。

 

青年:(誠実そうにゆっくりと)

「今、僕が近づいて、何かくしゃみが出そうになったり 

鼻がムズムズしませんでしたか?」

 

私:(拍子抜けして)

は?いいえ。」

 

青年:首をかしげて「僕が近づいて、何か感じないんですか?????」 

私:かぶせ気味に「はーい。感じないっす。すいあせーーーん。」

(↑「すみません」ではなくぶっきらぼうに「すいあせーん」)

(「・・・っす」なんて使ったことないのに思わず出た)

そして颯爽と立ち去った、振り返らずに。

 

(=_=)うーーーーん微妙。最初の恐怖のダメージを返して。

ほんとはこういう時、内容を知りたい(笑)

なんだったんだろう。

しかし、花粉症の時期にそんな・・・(笑)(笑)

 

そうそう、

ぶっきらぼうな女性を演じようと思ったのは

昔、西村知美さんが言った事から(笑)

「夜道で、背後から足音が聞こえると、襲われたら怖いから

わざとガニ股で歩いて なるべく汚い女性を装うんです」

(↑私のうろ覚え)

若い私は 妙~~~~に共感したものだった(笑)

結局 それを使う事無く今に至っていたけれど(笑)

ちょっと(笑)不必要に(笑)自分を(笑)装ってしまった(笑)ある春の日。恥。

 

     -------------(。・ω・。)------------

 

今日は昼から その辺の林でガビチョウがずっーーーと囀っている。

 

黄色いカタクリが近隣の公園で咲いた

f:id:yuuko1220:20150405105813j:plain f:id:yuuko1220:20150405105815j:plain

黄色いのは西洋のカタクリで、背が高く、葉っぱも大きい。

柵があって近寄れないので よく見えないけれど、花びらも硬そうだ。

カタクリ粉は 昔はカタクリの根茎から取れるデンプンだったそうで、

今はジャガイモのデンプンなので、カタクリからは作られていない。

そんな事を知ってしまうと試してみたい(´・_・`)。無理。

 

リキュウバイの花びらふわり。

f:id:yuuko1220:20150405105817j:plain

アケビの花と 薄いクリーム色のツツジ。(ヒカゲツツジ??)

f:id:yuuko1220:20150405105517j:plain f:id:yuuko1220:20150405105516j:plain

 

先月、いつも使っていたタムロンのレンズが

接触不良で故障してしまって、修理に出してみた。

修理申し込み用紙をプリントして 箱に入れて送ったら。。。

f:id:yuuko1220:20150405205518j:plain f:id:yuuko1220:20150405205439j:plain

3日後に預かり書が郵送で届いた。メールじゃないんだなw。

f:id:yuuko1220:20150405205321j:plain

ここから更に 見積もりの連絡待ち中。

新しいレンズが欲しいといってもよくわからないし

多分キリがないので、直ったらまた使おうと思う。

多分私は、雑に扱っていると思うので、

カメラ本体が先に壊れるものだと思っていたら。

(笑)

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へにほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へにほんブログ村