読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りあさんの世界

好奇心に任せて あれこれ行動中

みのさんのホントの心  虫画像アリ(警告!蝶類!)

リビングのカーテンに シルエットがひらひら舞うと、
別世界の様に感じる。

この夏は 庭のバナナでカブト虫を誘引したが、
ついに1匹も飛んでこなかった・・・

ほぼ毎日来たのがアカホシゴマダラ。
 
そんな蝶もそろそろ来なくなるのかなあと、
名残惜しくなって ちょっと強引に 
指を差し出してみたら乗り移ってきた。
 

なんとも優しい感触。要注意外来種
毒のある葉を食べて育つ「ゴマダラチョウ
に擬態しているという事だ。

これは一度だけ飛んできたゴマダラチョウ

そしてアカホシとよく奪い合いをしていたルリタテハ
 

アゲハ蝶は 私が庭に居ると まず飛んでこないし、
逃げてしまうが 「アカホシ」だけは、全く動じない。
顔の周りをヒラヒラ飛んでいる。餌に吸い付いている時は
翅を掴んでみても 気付いていないのか、飛んで行かない。
蝶にも性格の様なものを感じてしまう(笑)


蝶目・・・・・その中のミノムシの話。

「みのさん」    (笑)♪タイムリー♪?

春の終わりだったか忘れたが 玄関先で目の前を歩いて横切るミノムシに出会った。
思わず捕獲した(笑)

子供の頃マッチ箱に折り紙で 衣替えをした記憶。

「人毛でやってみよう」という直感(笑)

とりあえず 排出を。

お見せしないが(笑)、髪の毛の中に置いてみた。
・・・・・1時間たって開けてみたら イマイチ進んでいないので
あっさりと刺繍糸を追加した。
そのあとしばらくして ビーズとスパンコールを追加した。
気になって 何度か覗く(笑)
首回りから作り始めていた。
最終的にビーズをワンポイントに(ヤラセ無し)完成したのを見て大変満足した。

これには 興味が湧いてしまった
1:もう一度人毛で
2:アルミホイルを細かくちぎって
3:ラップを細かくちぎって
4:何か得体の知れない感じの材料を探そう・・・

・・・・となると ミノムシが必要。
それから何度か林にミノムシを探しに行った。
全然見つからない。
ちょっと調べると、なんと絶滅危惧種になっているらしい!
ヤドリバエの寄生によるとか。・・・・・見つからない訳だ。

でも探した。探す場所を変えてみた。
神社の灯籠に結構ぶら下がっている事が解った。

そして沢山ぶら下がる場所を知った。
それは 幹線道路のガードレールの裏だった。
こういうつなぎ目のポールの裏。
 

切なくも汚いミノムシ。排気ガスにまみれている。
捕ってきた蓑は皆、殻だった(笑)

??????時期違い?
生態を知ってみようと本を読んでみた。
ミノムシは口が無いっていう事を以前知って「!!」と思うまま
それっきりだったのだ。

ミノムシ(ここではミノガ)は、生まれたら元気に葉っぱを食べて
成長して蓑を造りその中で蛹になる。
ここまでは♂♀いっしょだ。

オスは羽化すると 交尾の為だけにメスを探しに飛んで行く。
食べ物は食べないので 退化して口が無い
交尾をして死んで行く。

メスは蛹の殻の中で過ごす。小さい頭と胸に身体の大半が腹部のイモムシ状である。
羽根も手足も愚か、目や口の感覚器すら無いのだ。
蓑の中で 蛹の殻の中に千個以上の卵を産み、それを守り、
卵が孵ると、それを見届けるように蓑の下の穴から地上に落下して死ぬ。
(ここでウルウルきてしまった!)
まあ、昆虫は驚異。
ミノムシに限った事ではないだろうが 知ってみると色々グルグル考えた。

生きる事の意味 子孫を残すだけ 感情も感覚も無い?
それをずっと繋いできた意味 退化は続くのか?
最終的に何を目指しているのか・・・?
ちいさな小さなことだが、なんだか無重力の空間で考えている様な感覚。

在宅のミノムシを、私はまた、探す気になるだろうか???(汗

ちなみに 卵から孵った幼虫たちの出発はこんなイメージだそうだ(笑)

細い糸と共に 風に乗って飛んで行くのだ。
この中の何匹かが また、命を繋いでゆくと思うと・・・・・


・・・うわー語ってる私!!汗(笑)

長くなりましたすみませんw




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 神奈川県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ