読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りあさんの世界

好奇心に任せて あれこれ行動中

江ノ島の漂着物

月曜日のこと、
江ノ島の裏っかわの岩場で 海を見ていた

長〜い、パドルサーフィン(SUP)が1枚、岩場に上陸したなあ・・・・
 と横目で見ていたら そのボードがこちらへ近づいて来る。
何事か( ;⊙´◞౪◟`⊙)?

その海から出てきたウェットな人は
「(;´д`)すいません、今、何時ですか?」 と聞いてきた。

話を聞くと、あっちに見えている鵠沼海岸
ボードに乗り 沖に出たら 潮に流され戻れなくなり
2時間半流され続けて ようやくここに漂着した人だった(゚д゚)!

直線距離にして2キロ半くらいだろうか、
漕いでも漕いでも別方向へ流される恐怖を語られ、
死ぬかと思ったところを こうして上陸できた
・・・という安堵と疲労について話を聞いた。

「海水しか飲んでいなかったから お茶が美味しい、ありがとうございます」
と (つд⊂)怖いことをさらりと言う(笑)

私は ずぶの「カナヅチ」なので そんな恐ろしい、未知の世界を味わってドキドキした(;´д`)

彼は唯一 首から下げた荷物の中から タバコを美味しそうに吸った。
聞くと防水のそのケースには タバコと車の鍵だけ(=_=)

電話を貸そうにも 誰の番号も、嫁の番号さえも覚えていないと言う。
・・・・(=_=)スマホに頼りきっている現在 そんなもんだろうな と納得。

落ち着いた頃 「板はとりあえずここに置いて 車のある鵠沼海岸まで歩いて戻る」と言うので
江ノ島表の弁天橋まで 道案内した。
かわいそうに いきなりの崖の階段に 面食らっていた。

あのカフェのもっと上まで 一気に登るのだ(笑)

鵠沼海岸には 離岸流の起きやすいポイントがあるらしく
まあ 私には体験する可能性は無さそうだが
自然を甘く見てはいけない、風の強い昼間の出来事だった。

その漂着人は同年代と見られ、ポジティブな印象。
弁天橋に着く頃には面白い人物と判明。
『「怪しい漂流物なう」ってつぶやいていいですよ』なんて言う(笑)
写真とっていいですよって 人ごみの弁天橋でポーズする漂着人。
http://f.hatena.ne.jp/yuuko1220/20141110160632
ペタペタと裸足で去っていった。

新種の生き物とのふれあい という感じだった(笑)




昨日はカワセミを見かけた。
蓮池で目の前に止まったカワセミを発見!

奥に止まった!

居たー!

こっち見た!変な正面顔


頭上にツグミみっけ

足元には 赤い実。




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/mntjfnjab95k