読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りあさんの世界

好奇心に任せて あれこれ行動中

大平台ってこんなとこ。(箱根登山鉄道)

散策 箱根 お探歩・穴・DEEP

前日の夕方、どこか行こうかな。どうしようかなどうしよう止めようかな・・・

悶々とした後に、

「箱根を散歩しちゃおう」みたいな意欲が止まらなくなって

夜遅くまで、嘘みたいにバリバリと動いて段取りをして 

翌日朝、鼻歌混じりに駅に走った。

 

箱根湯本駅で飛び乗った箱根登山鉄道

2番目に新しい車輌で、寄木細工柄のシートだった。

f:id:yuuko1220:20161207205915j:plain

今回私が乗った登山鉄道は、名物車掌さんと言われる方だったらしく

饒舌なアナウンスに 電車内は何度も笑いに包まれていた。

f:id:yuuko1220:20161206215759j:plain

未踏の「大平台」(おおひらだい)下車。

湯本から二つ目の駅。降りたのは私一人で、

スイッチバックして戻っていく電車を見送ると

ホームの隅にはハリボテの犬が居た。

 

・参考動画↓ハリボテの犬

だいちゃん

 

そして 2か所ある駅出口のうちの、マイナーな方の出口を出ると

水たまりで猫が水を飲んでいる。

f:id:yuuko1220:20161206215724j:plain

そして、ほんの30メートルくらいだろうか、

大きな宿泊施設と その先に小さな喫茶店がお出迎え・・・?

この感じで ここは私の好みのエリアかもしれないな、と期待。

f:id:yuuko1220:20161206215800j:plain f:id:yuuko1220:20161206215728j:plain

 

大平台の温泉街は小さいエリアで 温泉を掘ったのは昭和24年との事で、

それよりも古くは 戦国時代からの村落であった様だ。

f:id:yuuko1220:20161206215755j:plain

初めて歩く場所はワクワク・・・・

大平台は観光客さんの多い場所ではないかもしれない。

小さな温泉街、

山神神社や子育て地蔵、見どころもあるけれど、

そこにある生活感を感じる風景を見る散歩が好きだ。

・・・といいつつ ガランとした射的店を覗いたりもするのだけれど。

f:id:yuuko1220:20161206215756j:plain  f:id:yuuko1220:20161206215757j:plain

 

盛りのちょっと過ぎた紅葉も素晴らしいけれど、

集落の静かな空気に嬉しくなって

いちょう通りと呼ばれる坂から しだれざくら通りへ向けて

坂を下りながら歩く。桜の時期も良いのだろうな~。

f:id:yuuko1220:20161206215729j:plain

背景の山に似合っている景色が沢山。

f:id:yuuko1220:20161206215730j:plain

とある温泉宿の駐車場に「美肌の滝」が湧いている、触ったら「あちちちちち。」

”20ℓ100円でお分けします”とある。

f:id:yuuko1220:20161206215731j:plain

よそ者に目を向ける 綺麗な猫たち。

f:id:yuuko1220:20161206215733j:plain f:id:yuuko1220:20161206215735j:plain f:id:yuuko1220:20161206215740j:plain f:id:yuuko1220:20161206215754j:plain

細い路地を抜けると 

f:id:yuuko1220:20161206215736j:plain

登山鉄道の小さな踏切。線路の側溝からは湯気が上がったり。

電車が通る以外はとても静か。

f:id:yuuko1220:20161206215737j:plain

道路脇の見慣れない設備、なんだろう?触ると温かいから温泉が通っているみたい。

f:id:yuuko1220:20161206215741j:plain f:id:yuuko1220:20161206215742j:plain

過ぎる電車も のんびりとした音で、いい感じだなあ。

f:id:yuuko1220:20161206215739j:plain

こんこんと湧く「姫の水」湧水を過ぎると 1号線へつながる裏道で

登山鉄道のトンネルを眺めたり 林に紛れる紅葉を楽しんで歩いた。

f:id:yuuko1220:20161206215752j:plain

f:id:yuuko1220:20161206215745j:plain

f:id:yuuko1220:20161206215751j:plain

1号線の「蛙の滝」まで下って、また大平台へ戻る予定でのんびり歩いた。

片道3,40分くらいかな。

滝は、車だと一時停止の出来ない場所で、いつも一瞬で過ぎてしまう。 

近くまで来たついでに良く見てみようと思ったのだ。

 

1号線に合流すると ヘアピンカーブで陽のあたる紅葉が美しくて

車や観光バスがビュンビュン過ぎていたが 構わず眺めた。

f:id:yuuko1220:20161206215747j:plain

f:id:yuuko1220:20161206215748j:plain

昔、悪い病気が流行したのを、蛙が治した・・・という言い伝えの滝。

それはヒキガエルだろうか?アマガエルだろうか?(笑)

f:id:yuuko1220:20161206215749j:plain f:id:yuuko1220:20161206215750j:plain

なんてことのない落差15メートルほどの滝、

滝つぼに降りられたら良かったけどダメだった。

道路から眺めるだけだ。でも、一度見られて満足した。

 

大平台を歩く目的を果たしてしまった私は

御殿場に住む両親を誘って、このあと山神神社で合流。

箱根駅伝の、すご~いカーブの一つ。大平台駅前の山上神社。

”やまがみじんじゃ”ではなくで”さんじんじんじゃ”

村落のあった戦国時代からの鎮守様らしい。

f:id:yuuko1220:20161207205941j:plain

こんなところで駅伝を観戦してみたいなあ・・・

なんて 駅伝を思い出すと、

イコールお正月というイメージが湧き、気が焦った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へにほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へにほんブログ村