読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りあさんの世界

好奇心に任せて あれこれ行動中

Uhooo....!

昨日 帰省先から戻って 爆睡した。

今朝は ベランダや屋根の上を 小人が走り回る音で目覚めた。

4:30、外へ目をやると 手すりの上をタイワンリスが走っていた。

気づいたのは初めてだけれど いつもの事だったりするのかな!?

 

今回の帰省で 初めて鵜飼の船に乗って素敵だったので その事を。

「関市小瀬鵜飼」静かな風情のある鵜飼。

夕暮れ時になり 川沿いの涼しい風に高まる期待。。。

f:id:yuuko1220:20150815135758j:plain

鵜匠のお宅で お庭の鵜を見せていただく事が出来た。

f:id:yuuko1220:20150815135759j:plain

歴史のある建物で お庭には支度場の向こうに鵜を飼うプールがある

もうすぐ乗船、くつろぐ鵜。

f:id:yuuko1220:20150815135800j:plain

こんにちは。ウミウさん。

茶色いのは子供のウミウ(まだ出勤しない)

f:id:yuuko1220:20150815135801j:plain f:id:yuuko1220:20150815135802j:plain

カワウよりも大きなウミウの方が 魚を沢山取れるので

鵜飼はウミウのオスを使うそうだ。

このあと鵜匠さんの呼びかけで 大人の鵜たちは集まって出勤していった。

鵜籠は真ん中で仕切られており 2羽入る。

それをまず 川の水に漬けて慣らしてから 鵜船へ。

f:id:yuuko1220:20150815135805j:plain f:id:yuuko1220:20150815135806j:plain f:id:yuuko1220:20150815135807j:plain

1そうに鵜を8羽乗せた。 私も屋形船で出発!

 f:id:yuuko1220:20150815135808j:plain f:id:yuuko1220:20150815135809j:plain

目の前で繰り広げられる伝統。かがり火の熱さを間近に感じることが出来た。

長いこと潜ってから魚を飲む光景も数回見ることができた。

 f:id:yuuko1220:20150815135810j:plain  f:id:yuuko1220:20150815135811j:plain

鵜飼での鵜は 鮎の他にも色々な小魚を食べており、

小さい魚は胃の方へ入っていくように 首をうまく縛ってある。

鵜飼の時間は 鵜にとっては餌の時間でもあると聞いた。

今は 鮎が少なくなったので この時に捕れた鮎は

観ていた鵜船1そうで 6匹だった。

一度乗ってみたかったので とっても満足した♪♪

(食事無しで 1人3千6百円也。飲食物持ち込み自由、弁当注文もアリ)

 

 

(いつもと違う食事)

①東海地方にある あんかけスパのファミレス?

何を食べようと思っても 茶色い「あん」がかかっている という感じ(笑)

例えば「チーズハンバーグ」というメニューでも 

ワンプレートに パスタ、ハンバーグ乗せ、そして「あん」だ。

粉チーズの様に 黒胡椒ボトルがテーブルに常備。

f:id:yuuko1220:20150815123750j:plain f:id:yuuko1220:20150815123703j:plain

 

②今回の「モーニング」文化

「今 流行りらしいで」と言われて行ってみたのが

「元町珈琲」というお店。愛知・岐阜を中心に展開。

日本の珈琲文化の発祥の地「元町」をイメージしたお店だそうだ。

 

朝は420円のブレンドを頼むと 卵とパンがついてくる。

それではさみしいので

飲み物にプラス120円のプレミアムモーニングを食べた。

f:id:yuuko1220:20150815123530j:plain f:id:yuuko1220:20150815123500j:plain

珈琲、美味しかった~!(珈琲おかわり200円)

若い 可愛らしい店員さんから 爽やかに

「コーヒーに フレッシュお付けしますか!?」

と聞かれて 「え?レモン?または ライム?」と思ったが

あちらでは コーヒーミルクの事を「フレッシュ」と呼ぶんだそうだ(´・ω・`)

 

 

 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へにほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へにほんブログ村