読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りあさんの世界

好奇心に任せて あれこれ行動中

36匹の猿 江ノ島。

江ノ島散歩。

寝子2匹。

f:id:yuuko1220:20150417224005j:plain

f:id:yuuko1220:20150417224003j:plain  f:id:yuuko1220:20150417224004j:plain

ぽかぽか ごろごろ うとうと・・・・

・・・・・羨ましいとは思わなくて、

ものすごく退屈なんじゃ?という風に見えてしまう私。

 

林の中の猫。こういう表情が好き。

f:id:yuuko1220:20150417224006j:plain f:id:yuuko1220:20150417224007j:plain

お窟道(おいわやみち) 山二ツから岩屋に向かう道にある庚申塔

f:id:yuuko1220:20150417224319j:plain

猿が4面で合計36匹も浮き彫りになっている珍しいもの。

建てた人も 寄贈した人の名前も書いてないけれど

江戸時代中頃より前のものだそうで・・・。

このサルたちはよく見ると 綱渡りしているようなものや

踊っている姿にみえて面白い。

 

いつも しゃがんで全部の面をよく見たいと思うのに、

人通りのある場所で、しかも食堂の向かい辺りにあるので

じっくり見ていると すごく目立つ気がして 私には出来ない(=_=)

 

市内の文化財の本を読んだら このサル達が

何をしているのかが詳しく書いてあった。

群猿無戯の像であり 中には

「棒乗りの曲芸」「綱渡りの曲芸」「雨傘をさしかけていたり」

している猿が表されているとある。

(綱じゃなくて 縦に描かれたロープ(綱)だと思っていた線は、棒だったんだ(゚д゚)

細かいながらも 私には小さな喜びだった(笑))

この庚申塔のユーモラスな情景は 全国的にも類例の無い珍しいものだそうだ。

ちなみに この材質は、伊豆の「小松石」で耐火性に優れて風化しにくいんだそうだ。

 

 

江ノ島には(たぶん)あまり目に付かない 

黄色い「キケマン」がこの時期咲く。

f:id:yuuko1220:20150418152222j:plain

ムラサキケマンだったら ウチのお勝手口に咲いているんだけど。

 

江ノ島町並み。

f:id:yuuko1220:20150417224320j:plain

f:id:yuuko1220:20150417224322j:plain

わかめ いいなあ~~。干してみたいな~

乾いて風に揺られたら カサカサ音がするんだろうな~

f:id:yuuko1220:20150417224321j:plain  f:id:yuuko1220:20150417224323j:plain

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へにほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へにほんブログ村