読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りあさんの世界

好奇心に任せて あれこれ行動中

強風と砂と遺構と豆腐川・・・材木座

散策

一昨日から風が 時折鳴るほど強い。

海岸から5,6キロ内陸の私の家でこの強さだから

海なんてきっと立っていられない程なのかな・・・・・

 ・・・と想像していたら その日の干潮の12時過ぎに海へ向かってしまう。

 

海岸沿いの道路は 地面と平行に飛んで来る砂(/ω\)辺りは茶色い靄。

ひゃーすごい風♪゜・*:.。. .。.:*・♪ちょっと気持ち良い

由比ガ浜付近で海岸に下りて あまりの飛び砂にコートのフードを被って歩いた。 

波打ち際まで来ると、南風なので砂は飛んでこない。材木座へ歩く・・・

 

こんなのがコロコロ落ちている、可愛い・・・

なんだこりゃ

f:id:yuuko1220:20150311161219j:plain f:id:yuuko1220:20150311161220j:plain

調べたら えっ!?これ の、のりなの!?

「ふくろのり」という名前なんだそうだ。海水がパンパンに入っている。

「ふくろわかめ」という名前にして欲しい感じがする、そんな感触。

 ちなみに食べられるけれど美味しくないとか。

踏むとプシュっと割れて心地よいので 見つけては踏んで歩いた(笑)

 

風で身体がフラフラよろけて それも面白い。

海はこんな感じ。

f:id:yuuko1220:20150311161224j:plain

干潮なので薄い波が何層にもなって 風のせいで長い距離を打ち寄せてくる。

風が強いから 波打ち際に泡が残っている「波の花」みたい!?

・・・みたいじゃなくてこれも 波の花かな!?

f:id:yuuko1220:20150311115725j:plain

材木座の和賀江島の古い築港遺構(江戸時代まで使っていた港)を

右に見ながら越えて行ったら小坪マリーナ側へ出た。

この場所は今まで気がつかなかった、

小坪から見る港の遺構の方が 迫力がある。

和賀江島については 材木座海岸の説明書きと石碑だけ見て帰っては もったいないなと思う。

f:id:yuuko1220:20150311161226j:plain

f:id:yuuko1220:20150311161227j:plain

付近にあった「白髭社」の祠(船の安全や長寿の神と言われる)

横の、変な形の石物は、なんだろう????

f:id:yuuko1220:20150311115814j:plain f:id:yuuko1220:20150311115818j:plain

 

その後、材木座に「豆腐川」なんていう名前の川があったので

遡ってみたらすぐに暗渠となって 路地をウロウロ、昭和のゴミ箱も発見!

材木座の路地は すれ違うのも大変なほど狭い道もあって 面白かった。

f:id:yuuko1220:20150311115719j:plain f:id:yuuko1220:20150311115901j:plain f:id:yuuko1220:20150311161237j:plain

帰宅したら 強風と砂で 目の下の涙袋に砂が茶さじ1/2くらい溜まっている感覚。

(イメージ図)

f:id:yuuko1220:20150311153839j:plain

・・・・実際 アイボンで目を洗ったら

 砂というよりもっと小さな黒い粒が結構取れた(笑)なんだか快感。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へにほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へにほんブログ村