読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りあさんの世界

好奇心に任せて あれこれ行動中

稲村ヶ崎 滝を探して。。

江ノ電沿線「今昔漫筆」という S57年発行のちょっと古い本を読んだ。

そして稲村ヶ崎の北の山の中腹に「那智の滝」という滝があった事を知った。

稲村ヶ崎を流れる「音無川」の水源には正福寺という寺があり、

川が山を下る途中に滝があり、「音無の滝」とも呼ばれていたらしい。 

 

「あの滝は不思議で 水が上から落ちているようだが 

実は下から水が湧いてそれが上まで吹いていって 落ちていた滝だ」という話。

 

「下から水が湧いて吹いて!?」そんな滝が 稲村ヶ崎にあったなんて!

そういえば鎌倉で滝といったら朝比奈の三郎滝と称名寺の滝。

どちらも静かな雰囲気の滝・・・・。

音無の滝(那智の滝)は5~10メートルあったという話もあるから

残っていたら 観光名所になっていたかも知れないなあー・・・。

宅地造成で潰されてしまったそうだ。

どうして(/ω\)滝なんてなかなか無いのにどうして守れなかったんだろう!!もったいなーい!

 

このあたりには以前 「蛍合戦」という言葉が残るほど 蛍が沢山いたそうだ。

見たくなったら本を読みかけにしてでも すぐ行動する様な単細胞人間なので 

翌日になると 滝のあった辺りを見に行ってみようヽ(´ー`)ノと出かけた。

 

稲村ヶ崎駅から 北へ歩いて行くと・・・・

奥の山が滝のあった山だと思う。

f:id:yuuko1220:20150209204245j:plain

音無川源流の正福寺跡は 駅から15分ほど歩いた

住宅街奥の公園に 石碑で残っていた。

周辺で 細い怪しい道を見つけ 進んだら山に入り 登るとすぐに熊野権現社があった。

古い石仏と祠も。調べると ここに滝があったようだ。

f:id:yuuko1220:20150206155554j:plain f:id:yuuko1220:20150206155550j:plain

周辺の斜面を見ると 散らかっていて滝をイメージすることは難しかったけれど(´・ω・`)

1960年代に鎌倉周辺の大型宅地造成が活発化したそうなので、音無の滝が潰されたのはその頃なのかな?

 

 

更に山を登っていくと 堂々とお食事するリス。食べ終わるまで見る(笑)

f:id:yuuko1220:20150206155551j:plain

一番高いあたりには エナガの賑やかな群れと良い景色が!!!

(矢印のところに)江ノ島も見える!

音無の滝を見てハイキングなんて出来たら最高だろうなーー(´・_・`)

f:id:yuuko1220:20150209203928j:plain

山を下りて音無川を海へ辿っていく・・・・

細い流れはスルスルと途中から道路の下へ・・・そして江ノ電線路の下へ出た!

f:id:yuuko1220:20150209203408j:plain  f:id:yuuko1220:20150206161240j:plain

むむ!水が溜まって向こうに落ちている(゚д゚)!

f:id:yuuko1220:20150206155558j:plain

踏切は無いところで線路を渡って・・・

f:id:yuuko1220:20150206161241j:plain

川に架かる橋の上から 滝を見つけた。

橋の名前は「音無橋」。橋から樹が邪魔をして見えにくいけれど

立派な滝!?

f:id:yuuko1220:20150206163220j:plain

結局 滝を見ることができた私は いい気分になった(^-^)♪

 

 

海沿いで・・・・ 

f:id:yuuko1220:20150209203025j:plain  f:id:yuuko1220:20150207230711j:plain  

入口にお地蔵さんの居るカフェで珈琲を飲んだ。

ケーキの横に甘納豆が5,6粒ついてきた。

甘納豆を何十年ぶり?に食べた♪

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へにほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へにほんブログ村