りあさんの世界

好奇心に任せて あれこれ行動中

えのにゃんずと江ノ島タイムスリップ:西方庵

江ノ島に渡って すぐ右手前の小さな山を 天台山と言う。
そのむか〜し昔は 島の子供たちが狭い山頂で遊んでいた。

その山の裏、西浦の浜へ出る脇道のにゃん'S。←(発音はメンズと同じ。)

この脇道や辺りの集落の呼び名を イリンチョウと言ったそうだ。
脇道から海へ出るあたりに かつて「西方庵」という小祠があり、
背後の天台山の崖を大きくくり抜いた洞窟「やぐら」があったと知り、改めて見に来た。

小道の脇でいつも 埋もれていてなんの石碑だか、わからなかったモノを知った。
見慣れたこの謎の石碑は その「西方庵」の三界萬霊供養塔。
しかも、江ノ島で一番古い石造物なんだとか。(1672年造立)

第ニ次大戦で砲台にするために その洞窟に祀られた神々を移動させた。
そして その洞窟を反対の海側まで貫通させる工事を始めた日に 終戦を迎えたということだ。

今は 崩落を防ぐために洞窟は塗り固められて石垣になっている。

この石垣に 大きなトンネルが作られる予定だったとは・・・。
(洞窟の入口は 石垣の表面に線状に表されている)

江ノ島上の方から 天台山と片瀬を望む。


もう少し終戦が遅ければ そのトンネルが開通していたら、
弁天橋から島を見ると 江のスパ辺りに 
ぽっかりと空いたトンネルが見えていたかもしれないんだーひゃー(;゚Д゚)!

洞窟やぐらの中に並んでいた神々は 頂上にひっそりとある、大崎稲荷の脇に 
並び順をそのままに 置かれている。
2年前に知った 謎の石仏群の謎が解けて とってもいい気分な散歩が出来た。

地震や崖崩れ、大時化などで形を変えた江ノ島、その時々の印が
目立たないところに眠っているようなので まだまだ楽しめそうだ(´◉◞⊖◟◉`)♪



やきとり 「ネーチョイト」・・・・そのあとの言葉はなんだろうw
そういえば、居酒屋のようなものがいくつもあるのか、夜の江ノ島を私は知らないなぁ・・・。



最近公園で見つけた モミジバフウの実とカリガネソウのピンク♪



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/mntjfnjab95k